子どもの歯の生える時期と順番は?

こんにちは。4月に育休から復帰した歯科助手の菅谷です。
うちには5月で1歳になった息子がいます。
息子が生まれて一番神経質になったのが歯でした。(職業病だ!という人もいますが…)
今日はパパやママも心配になる事があるであろう子どもの歯の生える順番や時期についてお話したいと思います。
下の図はお子さんの歯の生える時期を示したものです。

日本人小児における乳歯・永久歯の
萌出時期に関する調査研究Ⅱ
──その 1.乳歯について──日本小児歯科学会論文より引用

上記の表はあくまで平均なのでもっと遅く生えてくる子もたくさんいます。

子どもの歯の歯列はアルファベットで表記されており、一番前の歯からABC…と表記されていきます。生えていく順番ですが、ABDCEという順番で生えていくと一般的には言われており、3番目の歯が生えてないのに奥歯が生えてきた!!とびっくりされる親御さんも多いと思いますがこれが一般的な萌出順なので心配しなくて大丈夫です(^^♪

平均大体3歳になるまでには上の奥歯まで生えそろい、5,6歳頃から6歳臼歯が生えてきて小学校に上がるころには大人の歯、永久歯との生え変わりが始まります。12歳ころまでには28本の歯が生えそろうと言われています。ちなみに親知らずは17歳から24歳までの間で萌出します。

こうして人の歯は生えて生え変わっていくのですが、歯医者さんに連れて行くタイミングも大切です。早めに歯医者さんという場所に慣れておくのも1つ大事かなと思います。息子は先日1歳になったタイミングで歯医者さんデビューをしてきました。萌出が遅いので出来る事はありませんでしたが診てもらう、ママやパパの不安を聞いてもらう、今できるお家でのケアを教えてもらうだけでも十分なので、親御さんの仕上げ磨きが難しい奥歯D,Eが生えてくるころには1度受診することをお勧めします♪

当院でもお子様の健診は随時受け付けておりますので、何か心配事や日頃のケア方法にお悩みがあれば1度ご相談いただければと思います。

歯科助手 菅谷

スポーツと矯正

スポーツ選手と歯科矯正に関する興味深いアンケートを見つけました!!!

株式会社ゼニュウムジャパンさんが、現在競技スポーツを行っているアスリート対象でおこなったアンケートによると、なんと91.6%の方がこれまでに矯正を行ったことがあるそうです。そのうちの理由として53.6%が「スポーツのパフォーマンを向上させるため」と回答。実際にパフォーマンスが向上したと実感した方は96.2%でした。こんなに多くの方が実感しているのはすごいですよね!!!
具体的には「安定性が増した」、「しっかりと力がはいる」など、バランス感覚踏ん張りといった良い影響をもたらしているという意見が多く挙がっていました。

当医院では、マウスピース矯正の中でも信頼と実績のあるインビザラインを導入しております。目立ちにくく、ワイヤー矯正よりも痛みも少ないと言われています。無料シュミレーションもやっているのでこの機会にぜひお試ししてみてください(*^-^*)ソース画像を表示

歯科助手 有田

歯科におけるボツリヌス療法

 

ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌が作り出すボツリヌストキシンと呼ばれるたんぱく質を有効成分とする薬を筋肉内に注射する治療法です。
ボツリヌストキシンには、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があります。そのためボツリヌストキシンを注射すると、筋肉の緊張をやわらげることができるのです。
ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、ボツリヌス菌に感染する危険性はありません。

歯科での応用
食物を咀嚼するときに使われる筋肉を咬筋と言い、噛みしめ癖や食いしばりなどの原因で咬筋が必要以上に発達する状態を咬筋肥大と言います。 この状態が長く続くと、顎の痛み、血行不良、ストレス、頭痛、肩こり、エラ張り、むくみなどの原因になる可能性があります。 ボトックス治療は肥大した咬筋にボツリヌストキシン注射をすることにより、咬筋の緊張を緩和しそれらの症状を改善させる治療法です。

適応症
歯ぎしり・食いしばり・不随意運動
歯の磨滅(すり減り)
筋性TMD(顎関節症)
咬筋肥大(咬合力コントロール 歯周病の進行や歯牙破折の予防)
ガミースマイル (口腔乾燥の予防)
下顎前歯舌側傾斜の予防
※歯科では美容目的では使用しません

ボツリヌス療法の流れ
ボツリヌス療法の効果は、注射後2~3日目から徐々にあらわれ、通常3~4ヵ月間持続し、その後、効果が徐々に消え、治療を続ける場合には、年に数回、注射を受けることになります。ただし、効果の持続期間には個人差があるので、歯科医師と症状を相談しながら、治療計画を立てていきます。

ボツリヌス療法の副作用について
ボツリヌス療法を受けた後に副作用として以下のような症状があらわれることがまれにあります。
注射部位が腫れる、赤くなる、痛みを感じる
体がだるく感じる、力が入りにくい                     

これらの症状は多くが一時的なものですが、症状があらわれた場合には、歯科医師に相談してください。

                          歯科衛生士;新戸美佐子

花粉症とお口の乾燥

こんにちは。

徐々に春らしい日が増えてきましたね。

この時期、花粉症に悩まされている方が

多いのではないでしょうか?

つらい花粉症の主な症状である鼻水・鼻づまりは

お口にとって一番の大敵である『お口の乾燥』と関わっています。

花粉症で鼻がつまると鼻で呼吸ができなくなり、

口で呼吸をすることが多くなります 。

すると、お口の中が乾きやすくなっていしまいます。

加えて、 花粉症のお薬には唾液の分泌を抑えてしまうものが

多くあるため、お薬を飲むと更に乾燥しやすくなります。

お口の中が乾燥していると、細菌が繁殖しやすくなり

お口の中の環境が悪化してしまいます。

花粉症に伴うお口のトラブルを防ぐためのポイントとして、

1,よく噛んで唾液の分泌を促すこと

2,水分をこまめにとって、お口の潤いを保つこと

3,お口のケアを念入りに行うこと

などがあげられます。

ご自身の歯磨きだけでは綺麗になりきらない所も

あると思いますので、定期検診でチェックしてもらいましょう。

お待ちしております。

歯科衛生士 真下

インビザはじまります!!

マウスピースでの矯正というものの存在が、なんとなく周知されはじめているなと思っております。

マウスピース矯正でも、様々なメーカーのものがありますが、その中でも最もシェアが大きく、技術的にも世界規模で最も先進的なシステムがインビザラインと言われております。

この度、当医院でもこのインビザライン治療を導入致しました。

昨夜も、診療後インストラクト―の方にいらっしゃってもらい研修を行いました。

一般的なハリガネを使ったイメージの矯正と比較した際の、このインビザライン治療のメリットとしては、以下の事が挙げられます。

・審美的に優れている 見た目が良い

・取り外しができる

・お口の中を清潔に保つ事が出来る

・ライフスタイルへの影響が少ない

・違和感が一般の矯正治療に比べるとはるかに少ない

また、治療のゴールを視覚的に確認するツールも存在しており、現在の歯列がどのように変わるのか、ある程度のイメージですが事前にシュミレーションする事も可能です。

歯並びが変わる事でその方の人生まで変わる事がある。と、当法人の理事長も申しております。

お口にコンプレックスを抱えているかた、歯並びで日常生活に不具合を抱えているかたがいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご相談下さい。

歯科衛生士 高橋 恵

口は禍(わざわい)の門

こんにちは。日中、少しずつ暖かくなってきて、

気持ちも明るくなりますね。

楽しくお話をしていると、つい口を滑らせてしまった、

なんて経験は、誰にでもあるのではないでしょうか?

そんな時、ことわざで『口は災いの元』といいますが、

口は健康に関わる、禍(わざわい)の入り口でもあります。

このブロブでも何度かお伝えしていますが、

お口の環境は体中の様々な病気と関連しています。

(日本歯科医師連盟より)

定期的に歯科検診に行ってお口の健康を守り、

自分の歯で美味しいものを食べて、楽しくお話をして

いつまでも元気に過ごしたいものですね。

何かお困りのことがありましたら、お気軽にお申し付けください。

お待ちしております。

歯科衛生士 真下

87600回、この数字?

87600回についてお話したいと思います。

この数字はいったい何を表しているのでしょうか?

これは80歳までに1日3回食事をしたと仮定した場合の食事回数

〈3回×365日×80歳>  87600回 です。

厚生労働省と日本歯科医師会が推奨している8020運動は80歳まで20本の歯

を残して充実した食生活で健康な人生を送りましょうという運動ですが、

1989年に制定されたもので時代背景に合わなくなっています。

厚生労働省によると2019年日本人の平均寿命は女性で87.5歳、男性で

81.41歳に5年以上も寿命が延びています。

医療技術の進歩、人々の健康意識の高まりもあり、人生100歳の時代になりつつ

あります。 そのことを踏まえますと100歳で20本の歯を維持する

10020運動に切り替えていく必要があるということです。

北欧や欧米に比べると日本の歯科予防はまだまだ低いのが現状です。

健康は歯から。。といわれるように、健康な歯を維持するためには

痛い時だけではなく、健康な歯を維持するために必要な予防歯科治療として

歯を大切にするための治療に、

歯医者に通う習慣をつけて、いつまでも美味しい食事ができ健康で充実した人生を

送っていただきたいと思っております。

歯に痛みや違和感を覚えてからでは遅い事がほとんどです、

細かく、わかりやすく、お口の中を確認致しますので

治療する、しないにかかわらず、

是非ご自身のお口の中の状況を把握されるためにいらしてください。

お待ちしております。         歯科衛生士 松田

ソース画像を表示

イルカは虫歯知らず?!

イルカはなんと虫歯になることがありません。

イルカの歯は魚を逃がさないようにすべての歯が鋭いフォークのように尖っていて、歯と歯の間は 上と下の歯がぶつからないような構造になっているので大きく隙間があいています。そして、 食べ物を噛まずに丸飲みしているので、食べかす等で歯が汚れないからです。

イルカの歯は食べ物をすり潰すためではなく、主に魚を捕るためや、自分の身を守るためにあります。イルカの歯には生え変わりもなく、一生同じ歯で過ごします。虫歯知らずで羨ましいですよね!!

19ページ目 | 歯の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

では、私達の歯はどうでしょう?

人の歯は乳歯から永久歯へ生え変わり、さらに生えてくる場所によって形が異なります。それぞれ 食べ物を噛み切る、かみ砕く、すりつぶすといった役割があります。そのため、どうしても歯と歯の間に食べ物が挟まりやすく、歯磨きをしないままほったらかしでいると、虫歯になり、更に放置をすると抜けていってしまいます。

ソース画像を表示

私達はしっかり噛むことで、筋力が高まり姿勢が安定するだけでなく、脳の血流が良くなるので集中力や判断力が上がります。噛む力が強い人ほど、俊敏さが高いという研究結果もでています。

このように人にとって歯は非常に重要な役割を果たしているので、虫歯にならないようきちんとケアを行い、正しい咬合で噛めると良いですね☆★☆

歯科助手:有田

手洗い♪ うがい♪ 歯みがき♪

毎年冬になると全国各地で流行するインフルエンザ
子供から高齢者まで幅広い世代で発症し、あっという間に拡散する強い感染力を持っています。気管支炎や肺炎を同時またはその後発症した場合、高齢者では重症化しやすく、これが命取りになることもあります。

みなさんはどのような方法でインフルエンザの予防をしていますか?

実はあまり知られていませんが効果的な予防法があるのです。
実はお口が汚いとインフルエンザにかかりやすいのです。
うがいも大事ですが『歯みがき』がもっと大事なのです。

一般的に風邪は『細菌』か『ウイルス』のどち かが原因で発症します。『細菌』と『ウイルス』では大きさがずいぶん違いますが、もっと違うのが感染のメカニズム。『細菌感染』の場合は粘膜に付着するだけで炎症を起こし、のどが痛んだり、熱が出たりします。一方『ウイルス感染』の場合は粘膜に付着しただけでは発症しません。細胞の中に入り込むことで発症するのです。そしてその時に重要な役目をしているのが『酵素』。インフルエンザウイルスの表面には『カギ』と『ハサミ』のような働きをする2種類の酵素があります。インフルエンザウイルスが喉などの粘膜にくっついた後、一方の酵素が『カギ』を差し込んで細胞膜をこじ開けることでウイルスが細胞内に入ります。そして細胞の中で仲間を増やし大増殖。するともう1つの『ハサミ』を持った酵素が隣の細胞へたくさんのウイルスを大放出。こうして感染が拡大していきます。そしてこの酵素を活発にしていく細菌があるのです。特に気を付けなければいけないのが歯周病菌なのです。細菌の中でも最強なのが口腔細菌界の魔王!『歯周病菌』。 歯周病菌が多いとさらに被害は拡大。歯周病菌がウイルスの酵素を活発化させるのです。そうするとウイルスが喉の細胞の中に入りやすくなってインフルエンザにかかってしまいます。しかも厄介なことにプラークに棲み付く歯周病菌は、抗生物質などの薬で撃退したり除去したりすることができず、人間の体の免疫細胞でも撃退できないのです。つまり口腔内の衛生状態が悪い人は、インフルエンザにかかりやすくなるのです。しかし、インフルエンザなどのウイルス性疾患も丁寧な口腔ケアによって感染リスクを減らせるといわれています。事実、インフルエンザが流行する冬季6か月間にわたり、在宅の高齢者で歯科衛生士による口腔ケアを受けた人はインフルエンザの発症率は1%だったのに比べ、受けていなかった人の発症率は9.8%と約10倍も違ったというのです。つまり、口腔ケアを受けた人は受けていない人に比べ発症率が89.8%低いというデーターがあります。(日本歯科医学会誌25号)

特に寝たきりの高齢者の方はインフルエンザの合併症である肺炎を防ぐためにもお口の中を清潔に保つことが重要です。
また、新型コロナウィルス感染症の原因であるSARS-CoV-2もインフルエンザウイルスと同じ付着様式であるため、適切な口腔ケアが有効とされています。
何よりも日ごろからお口の中を清潔にしていくことが一番大事です。そのためにはしっかりと歯を磨き、かかりつけの歯医者さんに行って磨き残しを取ってもらうことと正しい歯みがき指導を受けることです。
また、歯みがきする際に注意していただきたいのは、歯みがき時はどうしても、自分の唾液を触ったり、唾液の飛沫を飛ばしてしまいます。感染予防としては唾液に他の人が接触したり、飛沫を吸い込んだりしないよう注意する必要があります。例えば歯みがきをする時、口を閉じて磨くことが感染予防に有効とされています。また、歯みがきのタイミングを他の人とずらしたり、歯みがきをする場所の換気をよくするなど三蜜を避けることは予防効果があると思われます。また、家庭内でも使用していない時の家族の歯ブラシを接触させないなどの配慮も、家庭内感染を防ぐと思われます。

歯科衛生士  新戸 美佐子

 

70年使い続けるもの

皆さんの身の回りで『70年使い続けるもの』って、何か思いつきますか?

家電…?車…?

実は、永久歯がそれに該当します。

永久歯は10代前半で生え揃い、生涯に渡り70年以上毎日使われ続けます。

(日本人の平均寿命 男性 81.64歳 / 女性 87.74歳 厚生労働省より)

長い間使われる永久歯は、お口の中で細菌や飲食物による酸の影響や

歯ぎしり、食いしばりの力の影響など、とても過酷な環境に日々晒されています。

これらの要因から大切な歯を守るためには、歯科医院での定期的な

メインテナンスが必要になります。

いつまでも自分の歯で美味しく食事を楽しみたいものですね。

何かお困りごとがあれば、お気軽にご相談ください。

歯科衛生士 真下