日本歯周病学会認定歯科衛生士制度について

こんにちは。今回は、日本歯周病学会認定歯科衛生士の資格についてお話させて頂きます。

まず、歯科衛生士免許は「国家資格」であり、現在就業歯科衛生士数は約14万人いると言われています。その中でも、特定する専門分野において高度な業務実践の知識・技能を有すると認められた者を認定歯科衛生士としています。(日本歯周病学会認定歯科衛生士、インプラント専門歯科衛生士、日本小児歯科学会認定歯科衛生士など)

その中でも、最も取得難易度が高いと言われているのが、日本歯周病学会認定歯科衛生士です。( 2021年8月の時点で、全国で1,242名)

日本歯周病学会認定歯科衛生士とは、 歯周病への対応を的確かつ効率的に実施し、長期間にわたり国民の健康管理に貢献することを目的に制定された、歯科衛生士の認定制度です 。

日本歯周病学会認定歯科衛生士の認定申請には、以下の条件を満たしている必要があります。

1,歯科衛生士の免許証を有する者

2,通算5年以上の歯周病学に関する教育および研修と臨床経験を有する者またはこれと同等以上の経験を有すると認められた者

3,認定歯科衛生士申請時に実務経験単位と教育研修単位の合計を30単位以上を有する者

4,認定歯科衛生士試験に合格した者

5,認定歯科衛生士申請時に学会会員であること

(特定非営利活動法人日本歯周病学会認定歯科衛生士制度規則より抜粋)

認定試験は、書類審査とケースプレゼンテーションに必要な書類(口腔内写真、検査のデータ、レントゲン写真)を揃えて提出となります。

※このデータを集めるために数年かかります。ここが一番難しいポイントになります。

当院には、日本歯周病学会認定歯科衛生士資格保有者が1名在籍しており、歯周病治療に力をれております。(当院理事長は、日本歯周病学会専門医です)

私自身、認定衛生士取得に向けて日々勉強を重ねています。今後、認定試験合格のご報告ができるように、日々の診療に取り組んで参りたいと思います。

歯科衛生士 真下

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です