ウズベキスタンの歯科事情2

歯科衛生士の高橋 恵です。

前回に引き続き、ウズベキスタンでの経験についてご報告させて頂きます。

ドバイ経由で深夜にウズベキスタンに到着しました。

私が滞在していたタシケントの街並み。思った以上に都会的でした。

そして歯科大学とプライベートデンタルクリニック。

私立大学も国立大学も、教育の現場にITを多く取り入れており、日本の教育の現場でのTI化は遅れている事を痛感しました。

そして、ウズベキスタンのプライベートデンタルクリニックです。

ここは、技工士さんがオーナーで数件の歯科医院を経営しているそうです。

技工士さんがオーナーなだけあって、とても大きな技工所が併設してありました。

中央アジア全土から、技工物の受注があるそうです。

クリニックの設備も、日本の歯科クリニックの3種の神器と言われる、CT,CAD/CAM,マイクロもそろっておりました。

ただ、予防の分野はまだ浸透していないのが現状でした。

大学や臨床現場の歯科医師からも大切さは十分理解していて、これからはその分野を広めていきたいという声が聞かれましたが、

実際どのように動いたらよいのかという事が不明瞭のようです。

というのも、この国には、歯科衛生士という職業が存在しません。実はウズベキスタンだけではなく、アジアの多くの国にはこの職業が存在していないのです。

反対に歯科の先進国と言われるアメリカ圏やヨーロッパ圏では、歯科衛生士の地位は社会で広く確立しており、高収入でもあり人気の職種のひとつであります。

予防という概念を広めるためにはやはり、歯科衛生士の存在が大きな意味をもつのではと感じました。

私自身、日本全国で歯科衛生士を教育するという事も、仕事としてさせて頂いておりますが、

この事をアジア全体でいかしていけたらと、強く思いました。

今回は、ご縁があってウズベキスタンという国で歯科に携わる方々と関わることができ自分自身、歯科医療従事者として世界という規模でどのように関わっていくべきか考えるきっかけとなり、とても貴重な経験ができました。

ここには書ききれない事も、載せきれない写真も多くありますので、ご興味がありましたら、お気軽にお声がけください。

歯科衛生士  高橋 恵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です