歯に関して、興味深いアンケートを見つけました!

少し前の記事になりますが、ビジネス雑誌プレジデントで

50代~70代の方1000人に人生を振り返り『 健康 』に関して

どんな後悔をしていますか?という興味深いアンケートです。

3位 日頃からよく歩けばよかった、

2位 スポーツなどで日頃から鍛えておけばよかった、

1位 歯の定期検診を受けておけばよかった、

という結果でした。

アンケート対象世代ではこのような後悔をされているようです。

若い時はなかなか実感として思うことのない『 口の中 』の

トラブルが、放置していることによって知らず知らずのうちに

虫歯や歯周病が進行していて、気付いた時にはすでに慢性化して

重度の状態だったり、歯を抜かないとならないとか、治療にも時間

がかかる状態だったとか、、。

虫歯や歯周病の初期はほとんど痛みもなく進行していきます、

なかなか自分では気づかないことがほとんどです。

何もトラブルなく『 噛む 』という事がどんなに大切なこと

なのかとじみじみと実感される方が多くなる年代なのでしょうか?

アンケートの理由として

1 歯を失うことで食事の楽しみが半減すること、

2 歯の治療、また歯を失ったところに補う治療費用面、

3 口元の見た目 などあげられていました。

50代ごろから日頃ため込んできた歯の小さなトラブルが

急に深刻になりだして歯医者に行かれる方が多いという事で

しょうか?

クオリティ・オブ・ライフという言葉があります。直訳すると

『 人生の質 』、『 質の良い人生 』ということですが、

歯もクオリティ・オブ・ライフの向上のためにはとても重要で

食べ物をなんでも自由に噛んで食べることが全身の健康に

つながります。

そのためには歯のメインテナンスがとても大切なんですね。

毎日歯を磨くことも大切なのですが、自分で磨いていると思って

いても磨ききれないところが多くあり、磨き残しとなって溜まって

いきます。これがトラブルの原因です。

自分で落としきれない汚れはプロによるクリーニングが必要です。

健康管理の一環として歯の定期検診、クリーニングを是非受けて

いただきたいと思います。

定期検診では自分で気づかない虫歯や歯周病を早期発見できます。

簡単な処置で改善できることがほとんどです。

健康な『 歯 』を維持するために検診、クリーニングを

しましょう。

歯科衛生士 松田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です