糖尿病の合併症について

歯周病と糖尿病の関りについて、何度かお話させて頂きました。

歯周病が悪化すると糖尿病が悪化し、糖尿病が悪化すると歯周病が悪化する、

ここまではお伝えしていますので、今回は糖尿病に焦点を当ててお話させて頂きます。

糖尿病は状態が悪化すると、それが原因で様々な合併症が起こるといわれています。

糖尿病の合併症には、まず急性型と慢性型があります。

特に注意が必要なのは慢性合併症で、高血糖の状態が長期間続いたことで全身の血管が傷つき、様々な症状が現れます。

細い血管が傷つくことによって起こる 3大合併症 (糖尿病神経症、糖尿病網膜症、糖尿病腎症) や、大きな血管が傷つくことによって起こる、壊疽、脳梗塞、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)などがあります。

放置すれば、網膜症は失明してしまったり、腎症は透析が必要になることもあります。

とても怖いですね。

糖尿病にならないように、合併症が進行しないように、定期的に検診を受けて予防することが大切ですね。

お口の中も同様に、日頃から定期検診を受けて良い状態で過ごせるようにしていきましょう。

ソース画像を表示

歯科衛生士 真下

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です