こどもの矯正って?

矯正はこどものうちにしたほうがいいよとよく言われるけど一体いつから始めるのがいいのか。そんなことを今日は書いてみようと思います。
小児矯正はⅠ期治療、Ⅱ期治療とステージが分かれています。Ⅰ期治療のスタートは永久歯への生え変わりが始まる5~7歳頃と言われており早くからのスタートはお子さんの骨格の成長を利用して治療ができるという大きなメリットがあります。
早期に治療を始めることで受け口や出っ歯の大元の原因である骨格から治すことができ、顎の成長を促したり成長しすぎるのを抑える事ができます。

お子さんの歯並びが気になる。生えてる途中だけどきちんと歯並びが揃うのか心配という方は一度歯医者さんで相談をして何が必要なのかを聞いてみるだけもいいかもしれませんね(^^)

歯科助手 菅谷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です