子どもの歯の生える時期と順番は?

こんにちは。4月に育休から復帰した歯科助手の菅谷です。
うちには5月で1歳になった息子がいます。
息子が生まれて一番神経質になったのが歯でした。(職業病だ!という人もいますが…)
今日はパパやママも心配になる事があるであろう子どもの歯の生える順番や時期についてお話したいと思います。
下の図はお子さんの歯の生える時期を示したものです。

日本人小児における乳歯・永久歯の
萌出時期に関する調査研究Ⅱ
──その 1.乳歯について──日本小児歯科学会論文より引用

上記の表はあくまで平均なのでもっと遅く生えてくる子もたくさんいます。

子どもの歯の歯列はアルファベットで表記されており、一番前の歯からABC…と表記されていきます。生えていく順番ですが、ABDCEという順番で生えていくと一般的には言われており、3番目の歯が生えてないのに奥歯が生えてきた!!とびっくりされる親御さんも多いと思いますがこれが一般的な萌出順なので心配しなくて大丈夫です(^^♪

平均大体3歳になるまでには上の奥歯まで生えそろい、5,6歳頃から6歳臼歯が生えてきて小学校に上がるころには大人の歯、永久歯との生え変わりが始まります。12歳ころまでには28本の歯が生えそろうと言われています。ちなみに親知らずは17歳から24歳までの間で萌出します。

こうして人の歯は生えて生え変わっていくのですが、歯医者さんに連れて行くタイミングも大切です。早めに歯医者さんという場所に慣れておくのも1つ大事かなと思います。息子は先日1歳になったタイミングで歯医者さんデビューをしてきました。萌出が遅いので出来る事はありませんでしたが診てもらう、ママやパパの不安を聞いてもらう、今できるお家でのケアを教えてもらうだけでも十分なので、親御さんの仕上げ磨きが難しい奥歯D,Eが生えてくるころには1度受診することをお勧めします♪

当院でもお子様の健診は随時受け付けておりますので、何か心配事や日頃のケア方法にお悩みがあれば1度ご相談いただければと思います。

歯科助手 菅谷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です