当院は最新のCTを導入しております

正確な診断にはレントゲンがつきものですが、被曝量はみなさん気になりますよね。

従来のアナログレントゲンは画像をきれいに見えることが第一条件で、被曝量は二の次でした。

しかし当院で導入しているデジタルレントゲンは画像処理を行うことによって最小被曝量でもしっかりみたいところが見えるようになっております。

CTはレントゲンの診断の最高峰と言われており、従来では気づかずに診断が不可能と言われているところまで見えるようになってきました。

CTの診断技術は素晴らしいですが、その分被曝量も多くなります。安全性をとれば、不確実な診断を余儀なくされる…ただし、それは従来の話です。

「天秤 イラストや」の画像検索結果
安全性と正確さの天秤

当院が採用している最新CT、「Orthophos SL 3D (Dentsply Sirona)」は、安全性を高めた低被ばくモードや、ピンポイント照射モードがあるので、従来のものと比べて安全性が高いだけでなく、解像度が高いことが特徴です。

Orthophos SL 3D

親知らずの抜歯、インプラント、根管治療、歯周治療等、あらゆるところで活躍しております。

上の画像は親知らずの抜歯前に、下歯槽神経との位置関係を確認してます。

レントゲンが必要とわかっているなら、安全性、正確性が高いものを選びたいですね。

おじまデンタルクリニック虎ノ門 戸川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です